インプラント治療にも適齢期がある?

インプラント治療ができるのは何歳から何歳まで?理由も合わせて知っておきましょう

高齢でもインプラント治療はできる?

虫歯の悪化や、ケガなどで歯を失ってしまった方にとって、インプラント治療というのは気になる治療法なのではないかと思います。

実際、今まで入れ歯やブリッジで不便を感じていた方が、インプラント治療を受けることで、自然に「噛める」ようになったという話は度々聞かれます。
自然に噛めるようになると食事が楽しくなり、表情も明るくなる、といううれしい変化が現れたという方もいらっしゃるようです。

しかしその一方で、インプラントには『手術』が必要となるため、気にはなってもためらってしまう、という方も少なくないでしょう。
特に高齢の方の場合、「今からでもインプラント治療は遅くない?」と不安になってしまうかもしれません。

ですがご安心ください。
高齢の方でも、インプラント治療を受けられる可能性が十分にあります。
また、逆に若ければ大丈夫というわけでもなく、若い方のほうがかえってインプラント治療をまだ利用できない場合もあります。

その辺りの理由も含めて、本サイトでは『インプラント治療に適した年齢』についてお話しをさせていただきたいと思います。

インプラント治療が出来る年齢の上限と下限の目安、それから、年齢に関わらずインプラント治療ができないケースがあることなどについてもご紹介いたします。

インプラント治療は保険が適用されない、手術が必要など、ハードルが高そうだと感じる方も多いかもしれませんが、インプラントのことをより深く知ることで、そういった不安も徐々に和らいでいくはずです。
まずはこのサイトで、利用できるケースとできないケースについて学んでみませんか。