梅毒の怖さを知ろう|尿漏れは専門のクリニックで治す【病気と無縁の生活を】

尿漏れは専門のクリニックで治す【病気と無縁の生活を】

女性

梅毒の怖さを知ろう

困る婦人

様々な種類がある性病ですが、その中でも梅毒は特に高い認知度を誇ります。ただ認知度が高いだけでなく、感染する確立も他の性病に比べ高めです。1度の性行為で感染する可能性は30%にも及ぶと言われています。しかも最近は、性行為を通しての感染だけでなく、口を使った「オーラルセックス」と呼ばれる行為による感染も増えてきています。口内炎のような口の中に傷が生まれる状態でオーラルセックスを行なうと、その傷から梅毒の病原菌が侵入していくのです。

梅毒に感染してしまうと、どのような症状が現れるようになるのでしょうか。まず、性器やその周辺、太ももの付け根辺りが腫れたり、ブツブツが出てきたりします。このブツブツは全身に現れることもあります。梅毒が怖いのは、感染した本人だけでなく、そのこどもにも影響が及ぶ可能性があるということです。これは女性の感染者のみに言えることですが、感染状態にありながら妊娠もしくは出産を控えた場合、早産もしくは流産する可能性が生まれます。無事出産できたとしても、発達や発作における障害を抱えている可能性がある、とされています。もちろん感染していなくてもその可能性は若干あるかもしれませんが、感染状態にあるほうがその可能性が高くなります。そのようなことにならないためにも、梅毒にかかっている状態が分かったら、早急に専門の病院へ行き治療を受けましょう。感染状態にあるかどうか判明していなくても、少しでも性器や体全体に何らかの違和感を覚えたら、専門の病院を中心に診療に行くとよいでしょう。