クレジットカードの現金化の手順や仕組みを徹底解説!

現金化するときに気を付けておきたい事

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードの本来の使い方は、買い物などをしたときに現金に代わり、カードで支払うものです。
この時、カード会社が買い物をした人に代わり、お店にお金を支払います。
すぐに現金は必要ないのですが、後日使用した分の現金が引き落としなどでカード会社に支払うという仕組みになっています。

クレジットカードは上限なく使えるものではなく、いくらまで使える、という限度額が決められています。
その限度額分をカードで買い物するのではなく現金に換えよう、というのがクレジットカードの現金化です。

カード払いができるところであれば現金に換える必要はないのですが、どうしても現金でなければならない場合、この現金化を使うという場合があるのです。

現金化できる場所

最近ではクレジットカードの現金化ができる業者もたくさんできています。
実際の店舗に行くものもあれば、オンラインで決済できるものもあり、多様化が進んでいます。
たくさん出てきているがゆえに他社と差別化を図ろうと、様々なサービスを謳っている業者も多くあります。
・還元率
・15時以降、土日祝対応
・振り込みのスピード
・案内の丁寧さ、接客
などが主だった売りとして謳われていることが多いです。
実際、クレジットカードを現金化しようと思っている状態であれば、こういったサービスがありがたいのが現状です。

ただし、中には悪質な業者も存在します。
詳しくは後述しますが、そういった業者に引っかからないためにも、事前にしっかりと見極めるという事が必要になってきます。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ